キャンプの楽しみ方コーナー

ここでは、ちょっと違った視線からキャンプの楽しみ方をご紹介します

日程 日帰り、泊り込み・距離に合わせて決めましょう
目安としては100〜200キロで日帰り それ以上の場合は1泊が目安です。
意外と、キャンプは体力を消耗します。 楽しい反面、怪我病気に気をつけましょう
日曜祭日は、車の混雑が考えられますので余裕を持って 計画を立てましょう
特に、冬の場合雪道になる場合もありますので さらに余裕を持って計画を立てましょう
事前に、トイレの場所、混雑しやすい場所等をチェックしておきたいものです
ドライブ 事故には、くれぐれも気をつけたいものです。自分ばかりが気をつけていても
もらい事故ということもあります。前方・後方共気をつけてドライブしなければなりません
運転中のいらいらも事故の原因になりますので、 リラックスした環境を保つようにしたいものです
目安として、1時間ドライブしたら10分から15分位休憩を取ることも大事です
また、キャンプの為の道具が運転の邪魔をしないように、しっかりと固定しておくことも大事です
子供連れの場合、車内では、子供はすぐあきやすいので、あきさせない工夫が必要です
山間のドライブは落石等の危険もありますので、十分注意をしてください。
3日以内に雨が降ったりしていた場合、落石の危険が大きくなります
知らない土地では、地元の方に尋ねるのも良いかもしれません
季節の変わり目では、突然雪道に変わることも予想されます。チエーン、スコップ等を
車に常備しておいてはいかがでしょうか?。雪道のドライブは大変な危険がが伴います
それこそ、自分だけが注意していても、相手がスリップなんかしてきてはよけようがありません
車間距離を十分取り、スピードを出さない。無理な運転をするような車は、先に行かせてしまう
など、いくつかの危険回避の方法があります。チエーンは、早めの装着、遅めの取り外しを
守りましょう。道路情報にも注意。突然の天候の変化もつき物です。お菓子や飲み物を
積んでおくといろいろな意味で良い手段になります
雨、台風に遭遇することもあります。ドライブはくれぐれも、余裕を持ってしましよう
慌てて、帰ろうとすると危険が増すばかりです。
装備品 これはいろいろとありますが、あまり積みこみすぎて人が乗れないなんてことにならないように(笑)
必要最低限のあると良いものをご紹介します
まず、ドライブのところでもあげましたが、お菓子や飲み物、これはリラックスドライブ
眠気覚まし等に役立ちます。また、いざというときの為にも役立ちます
次ぎに、スコップも常時積んでおきましょう。心強い味方になってくれます
薬も少し必要です。使い付けの、頭痛薬・胃薬・軟膏等があると便利です
タオルこれもあると便利です
意外なのがスペアタイヤ、今は、アルミホイールを入れて、タイヤを交換する人が多いのですが
その際に、スペアをおろしたままにしてしまう人が多いのです
やはり、いざというときの為に積んでおきましょう
地図はもちろん、携帯電話もあれば便利です。携帯電話は使わずにしまっておきましょう
いざというときにバッテリーを取っておく為です。
キャンプでは、バッテリーの使いすぎにも注意しましょう
出来ればサブバッテリーのようなものを用意しましょう
今は、自動でバッテリが上がりそうになると、遮断して、エンジンをかかるだけの
電気を残すものも発売されていますので、転ばぬ先の杖ならぬ、バッテリーです
エンジンがかからなければ車はただの鉄の箱ですから
カセットテープ・CDもあればいいですね
案外、落語とかが役立ちます(経験上そう思います)
水や生物に気をつけましょう。炊いたご飯も案外持ちません。山へのキャンプは
さわやかです。が。雨上がりなど沢には入り込まないようにしましょう

鉄砲水や、がけ崩れ等が突然発生しやすいのです。必ず、高いところを確認しておきましょう
また、子供や弱者は絶対避けましょう
宿泊する場合は、なるべく高いところを見つけて宿泊しましょう
虫も、カブトムシや、せみなら良いのですが、蚊・あぶ・蝿・蛇等の生き物に注意が必要です
特に雨上がりの晴れた日は、蛇が体を乾かす為に石とかの暖かいところに出てきがちです
知らずに踏んだりしますと、反射的にかんだりしますので注意してください
熊も要注意です。最近は、町まで降りてくる例もあります
食べ物の後片付けをきっちとして帰りましょう
川岸
かわらの石が丸い場合や、草が生えていない場合は、水があふれる可能性があります
必ず非難場所をチェックしておきましょう
川がまっすぐな場合は岸の高い方に、曲がっていた場合は内側にキャンプをしましょう
外側の場合、鉄砲水が出た場合など先に水が流れ込み易いのです
川遊びの場合、表面が緩やかな流れでも中は、渦巻いていることが多いので
十分注意しましょう。子供を水遊びさせる時は、目を離さないようにしましょう
過度のアルコールの摂取をしないようにしましょう 判断が鈍ったりしやすいのです

海岸近くのキャンプは楽しいものです
日本の場合、蒸し暑いところが多いので、夜寝苦しいことが多いのです
テントの窓を開けて寝たりしますので虫除けスプレーや、蚊取り線香は必需品です
車の場合、場所によってはクーラーを引きこめるところもあるようです
たいていの場合、エンジンをかけるのは禁止されていますので
蒸し暑さ対策が必要です。冷蔵庫で冷やして使う冷却品を用意すると良いかもしれません
海に入るときは、準備運動、アルコールを摂取して入らない事などを守ってください
命取りになることがあります
子供を海に入れる際も、絶対に目を離さないでください。大人に取っては何でもない波も
子供には大波です。注意しましょう
その他
こう書いていますと、なにやら注意書きばかりで、ちぃっとも楽しくないように感じますが
みんな、当たり前のことですが、なかなか守れないで、必ずといっていいほど
犠牲者が出ているのが現状です。楽しいキャンプにする為にも基本を守るということが
大事です。
そうすれば、楽しい思い出が沢山作れるはずです。どこかのコマーシャルじゃありませんが
物より思い出を大切にする人が多いのがキャンプです
その思い出を楽しいものにする為にも、一人一人の注意が必要です
雪道はつきものの冬・スリップ事故・雪道でチエーンのない車・バッテリあがり等
夏にはないアクシデントがあります
万が一に備え、装備品で取り上げたものは最低積んでおきましょう
それと、スケジュールにゆとりを・これが事故を防ぐ最大の手段のような気がします
時間がない、早く帰らなくては等と急いでいて、事故を起こす・事故に遭うという確立が
高いのです。心にゆとりを持ってドライブしましょう
冬のキャンプは寒いようですが、夏特有の蒸し暑さがない分、夜ゆっくりと寝ることが出来
案外疲れがたまらないものです
スキーなど最高に楽しいキャンプになります
もちろん、寒さ対策をしっかりしていくことは言うまでもありません
暖かい料理で体を温め、キャンプを思いっきりエンジョイできるのは案外冬です
虫もいないし、食べ物もそんなに悪くならないと、結構いいことずくめですよ
雪山ではなだれに気をつけましょう
春先は、雪解け水で川が増水しますので、これらにも注意しましょう
早朝は、道路が凍結していたりします。くれぐれも運転に注意しましょう
病気 案外多いのがキャンプ中の病気・腹痛、頭痛等から、心臓、脳の病気まで
結構いろいろと起こるようです。連絡の取りにくいところにいることが多いキャンプ
常に、健康管理を怠らないようにしましょう。
持病のある方は、連絡先といつでもコンタクト取れるように工夫しましょう
また、常備薬を多少はもっていきましょう
衛生、清潔にも十分注意しましょう。いつもと違う環境で生活しますので
子供は特に、元気なようで、オーバーペースになり熱を出したりしやすいようです
料理もなれない環境で行いますので、インスタントに偏りがちです
工夫しましょう。それがキャンプの楽しみでもありますから
その他 キャンプはキャンピングカーがなくても楽しくすることが出来ます
キャンピングカーがあれば、なおいっそう楽しくキャンプすることが出来ます
現在は、町乗りに十分使えるレベルのキャンピングカーが沢山あります
我が家の1台の選択肢に入れていみてはいかがでしょうか
余暇が増えているこのごろ、町でショッピングも楽しいですが
子供と思いで作りも楽しいものです。リタイアした後夫婦でキャンプもおつなものです
今までなかった世界が開けます。知らない人とのふれあいも生まれます
中には、インターネットを離せないキャンパーもいらっしゃいます。それはそれで時代です
キャンプ場で、インターネットもいいんじゃないでしょうか
インターネットで遊ぶ子供もいるかもしれませんが、楽しい思い出作りには何の問題も
ないと思いますので
自由気ままに、好きな人とのキャンプ。新しい人生の始まりかも知れませんよ
それでは、レッツキャンプ!!


このページについてのご意見ご希望がございましたら
下記フォームよりお知らせください。お待ちしております

フォームをご利用の際は、当社 プライバシーポリシーを必ずご覧ください。
当フォームをご利用の際は、当社プライバシーポリシーをご理解いただいたものとさせていただきます

フォームがうまく送れない場合は、必要事項をご記入 の上、 こちらから お願いします

お名前

ご意見・ご要望等をご記入ください
(英数字は半角でお願いします)

e-mail (必須・記入間違いがないか再度確認してください)

再確認(e-mail2)



戻る