キャンピングカーこんな事あんな事・総合編

☆キャンピングカーの活用方法について☆

キャンプに使うのがキャンピングカーと思っている方が意外に多いですね
もちろんキャンプに使うのもキャンピングカーです
当社が製作しているキャンピングカーの場合はちょっと違います
まず、価格が適性価格です
他と比べてください。もちろん高品質で必要な設備は全てついています。
しかも、オーダー制ですから、お好みに仕上がります。
つまり、同じキャンピングカーがないということです。
何百万円も出して、同じキャンピングカーなんてがっかりですよね。
こんな個性的で、使いやすいキャンピングカーが買える時代になってのです。
サイズが普通の乗用車と同じですから、いつでもどこへでもお出かけできます
大きくてスーパーの駐車場に入れるとはみ出してしまう・ 小回りが聞かない等のようなことは有りません
また、女性にも簡単に運転できます。何せ普通の乗用車と同じですから
レジャー基地として、家族団欒のレストランとして、プライベートな休憩所として 、ビジネスの場としてと
さまざまな使用方法があります。もちろん普通免許で運転できますし車検も2年です。
しかも、ほとんどの地域で同じ乗用車を比べると、税金が安いのです
(地域により差があります。ご確認ください。また、安くならない地域も有ります))
その他にも、色々な使用の仕方があります。個性あふれる使い方を見つけるのも楽しいものです
☆キャンピングカーって??☆

当社で製作しているキャンピングカーは、定員9名程度で3〜4人が就寝できます
レジャーに出かけるとき、前の日から出かけたりすることができます
夕食を済まし、お風呂に入って、それから出かけ途中で就寝すれば疲れもなく
新しい日帰り旅行のはじまりです。
観光地や・スキー場等では、専用ルームとして、休息・食事・記念ビデオの鑑賞などなど
まるで我が家のようにすごせます。楽しい思い出が沢山作れますね
お土産や・遊び道具もスペースが広いのでどこにでも収納でき便利なのも
キャンピングカーの特徴です。
一度使ったら楽しさ最高です。これで経費も安いのですからこれ以上の事はありませんね
☆キャンピングカーの便利さって??☆

貴方が出かけたいと思ったときに、予約無しで出かけられるのです。
宿の手配や、スケジュールの組み立て一切要りません。とりあえず出かけてしまえばいいのです
なぜって、宿と乗り物を同時に持っているのがキャンピングカーだからです
気の向くままに走り、つかれたら誰にも鑑賞されずにリビングスペースで休む、
テレビでもつけますか。音楽でも流しますか。コーヒーも良いですね。お気に召すままです。
そして、また走る
これがキャンピングカーの本当の便利さなのです
温泉でも、観光地でも、つり・スキー・山などなど、なんでもござれですよ
オーナーの貴方次第なのです。
これ以上便利な事ありますか?
カラオケルームとして、雀荘として、時にはお二人の語らいの場として
当社のキャンピングカーはいつでも、どこでも便利に活躍します
お金もかかりませんから、たまの旅行がちょくちょくの旅行になります
これで家庭も円満です(ただし保証はついておりませんが・・;)
☆キャンピングカー便利さって2??☆

ここでは、経験上のお話です
あるテーマパークでは、6時頃から駐車場に入れます
前の日から出かけ、途中で車中泊し朝一番で入場し、見てまわります
疲れもなく、快適に遊べます。子供たちもゆっくり寝ていたので
とても元気でした。帰りも、私も疲れずに運転し、誰一人居眠りもせず
楽しかったテーマ−パークの思い出を語りながら帰宅しました
そして、また行こうと約束しました
私は、スキーが大好きで、現在でもシーズン中20日ほど行っております
このときは、キャンピングカーの便利さが実感できます
まず、着替え、ゆっくりとリビングスペースでできます。
隣では外で着替えている若い人もいました。
着替えたら、コーヒーを一杯飲んで、おもむろにゲレンデへ向かいます
余裕ですね
お昼はもちろんマイルームのリビングスペースでとります。
スキー場特有の昼時の混雑・スキー靴をはいての食事・疲れます
でも、私は車内でゆっくりと靴を脱ぎ、ゆうゆうのスペースで食事です
もちろん、車内にはゆったりとした音楽を流しながらです
そして更に、日帰りの場合は、30分ほど昼寝を取ります
これで、午後はばっちりです
スキーが終わり、ゆっくりと着替えてから、お土産選びです
気分もゆったり悠々です
帰りも、スキー帰り特有の疲れも有りません
**注・私のスキーの腕前はプロ級です。??**
昨年妻と温泉旅行に行きました。お風呂に浸かり、おいしいものを食べて
とても満足しました。とくに、1泊で行ったのですが、前の晩より車中泊を入れる事にし
実質2泊となり、沢山の温泉にはいれ、疲れもなくドライブできました。
通常の一泊の旅が2泊で回るわけですから、日程もゆったりですし本当にのんびりと
旅が出来ます。お土産なんかも、リビングスペースへ置き、荷物も収納スペースに収め
車内でもゆっくりと食事をしたり、ビデオで撮ったところを見ながらの休憩でした
最近は子供も大きくなり、ちょくちょく旅行に出かけます。
やはり予約等が要らないのは、行動が自由になり、出かける気になりますね
今は、キャンピングカーのベース車も、3000ccディーゼルターボにインタークーラーまで
ついていて、ドライブも快適そのものです。高速時代ですのでこの位の動力は必要ですね
動力に余裕があるということは、結果的に安全運転にもつながります。
もはや、キャンピングカーというより、RV(レクレーショナルビークル)といったほうがよいですね
車検書もキャンピングカーではなく、RVという項目があってもよさそうです
温泉地も、RV用のスペースを確保しているところもあり、安く、極上の旅が楽しめます
更に、私は、ビジネスも、キャンピングカーの中で行う事もあります。
メールも1日100通ほどきます。注文のメール、問い合わせのメールと、即答が必要な場合は
車からアクセスして、返事を出します。
検索が必要な場合も即、アクセスして調べます。
インターネットも携帯電話と同じように手放せない道具になってきました。
使えると非常に便利ですね。
これから車は、ネットRVの時代になりそうですね

●このコーナーに掲載されていることについては あくまで参考であり責任を追うものではありません
●今後も参考になるようなことがありましたら、項目を増やしてゆいきたいと思います




冬編へ

春編へ

戻る