キャンピングカーこんな事あんな事・冬編

☆車に載っている雪について☆

屋根によく雪を載せたまま走ってる車を見かけますが
大変危険です。現地を出発するときは寒さで車の屋根に雪がこびりついていますが
だんだんと、南へ行くにしたがい暖かくなり、雪が解け始めます
カーブで横へ振られると突然雪が滑り落ちます。
そのとき歩行者でもいたら大変なことになります。
また、滑り落ちなければ振られる力が、車に働いてきます。
そのとき、屋根に雪が載っていると、屋根に重心がいき道路をはみ出したり
車が横転したりする原因にもなります
現地で必ず雪を落として帰りましょう
雪落とし用の道具を常に車に乗せておきましょう。
高速道路の入り口に雪落としスペースが有るところもあります
☆ウオッシャー液について☆

雪道のドライブは意外と、ウオッシャー液を使います
特に雪国との境目あたりは、道路もぬれてることが多く
前を走る車のはねや、すれ違う車のはねでウインドーが汚れがちです
ところが、水だけですと走っているうちにウオッシャー液が凍ってしまうことがよくあります
特に高速で走っている場合は凍ってしまいます
凍らせない為には、ウオッシャー液を薄めない等の対策が必要です
汚れを落とす為に使用した、ウオッシャー液もフロントガラスで凍ってしますことも有ります
こんなときは、スクレパーなども積んでおくと便利です
噴出しのずるも凍ってしまうことがあります。これは針か何かで穴をあけるか
ガソリンスタンドで水をかけるのもよいと思います
☆チェーンの装着について☆

チェーンを装着を決めるタイミングが結構むずかしいようです
チェーンを装着すると、車のスピードが落ちますので
装着が早過ぎると、他の車に迷惑がかかるし、しかし、安全第一ですから
早めの装着が一番に決まっていますが、現実はこうですね
一つの目安として、対向車です。
対向車がチェーンをしてないようならもう少し大丈夫かもしれません
ただし、最近はスタッドレスタイヤが多いので、
参考にする車はあくまでノーマルタイヤで
あることを確認しなければなりません
一番は、一度車から降りて路面状況を確かめるのが良いとおもいます
転ばぬ先の杖ですから
チェーンを装着する場合、場所も大切です
なるべく、雪の無いところで装着するのが望ましいですね
それと、広い場所・装着する際に、道路側は特に注意が必要です
相手がスリップしてぶつかってくる例が結構あります
できるだけ、囲いの有る場所、コンビニの駐車場も良いかもしれません
また、チェーン自体も必ずチェックしておきましょう
半年以上も使わないで置くのですから、万が一切れたりしたら大変です
ヒビ、割れ等の確認をしましょう
はずすタイミングも結構難しいですね
はずしたとおもったら数メートル先から雪道に変わってしまった
何てことも結構有るようです
周りが雪景色でなくなるような場所やガソリンスタンド等で確認
してみるのも良いかもしれません
はずす場所も、装着と一緒で車の危険の無いところでおこないましょう
4WDや、スタッドレスタイヤでも、過信は禁物です
駆動は確かに有利な部分がありますが、止まることに関しては
2駆や4駆の区別はありません。==要・注意==
☆スキー場や雪国での駐車について☆

雪のある所での駐車には、何点か注意が必要です
まず、ワイパーですが、低温の為にワイパーのゴムが劣化しやすいので
ワイパーアームを上げておきたいものです。また、これによりワイパーのゴムが
ウインドーにくっついてしまうのも防げます。
フロントガラスの凍り付きも、いざ出発というときに手間のかかる原因になります
最近はフロントガラスを覆うカバーも売っていますのでこれらを利用すると良いでしょう
次ぎに、サイドブレーキですが、かけないようにしましょう
凍り付いて、リリースできなくなることがあります
サイドブレーキをかけず、オートマ車ならPに、ミッション車なら1速か2速に
ギアーをいれて駐車しましょう
車の向きは風下にフロント側を向けるようにしましょう
ただし、長期に滞在する場合は、風向きが変わってしまうので、その都度注意しましょう
3日以上位、止めたままにする場合は、バッテリーをはずすか、
布でバッテリーをかこっておくと良いでしょう
できれば、一日一回エンジンを5分程かけると良いですね
キーシリンダーも凍り付いて使用できなくなることがありますので
注意しましょう。 キーレスエントリーなどがついていれば安心ですね
でも、ドアー周りも凍り付いている場合がありますので
ドアーを開けるときは、ゆっくりとドアー周りのゴムをいためないように
開けてください。ワゴン車で、スライドドアーが凍り付いて開かない場合は
他のドアーから中へ入り、車内から開けると良いでしょう
さらに、車止めをしておくことも忘れずに・・
☆雪国の夜間走行や吹雪について☆

基本的には出来るだけ避けたいものですね
夜間走行は、路面の凍結がもっとも危険です
すべり止めは確実に装着しましょう。
ライトに頼る運転になる為、スピード感覚がわかりにくくなります。
常に、控えめなスピードで運転を心がけましょう
吹雪にあった場合、吹雪に運転しなければならない場合は、
まず視界の確保が一番です。スピードを出さないのはもちろん
車間距離もいつもの倍取りましょう
フォグランプの点灯も良いですね
風にあおられることもあります。特に横風には注意が必要です
フロントガラスの凍結も起こります。ワイパーが利かなくなることもあります
山間部を走る場合はなだれの危険もありますので、注意のうえにも注意が必要です
運転と緊張による疲労も想像以上になりますし、車の故障も発生しやすいのです
危ないと思ったら運転を止めるくらいの注意が必要です
☆車の屋根に乗せた・スキー・スノーボードや荷物について☆

大変な事故につながります
きちっと、荷物紐等で止めるのは当たり前ですが
積み方もコツがあります
例えばスキー、テール部分を前にして積むと風の抵抗も少しは和らぎます
スノーボードは前後が似ているので、向きは気にしなくても良いのですが
幅が広い分、積む際の取りつけはしっかりとしてください
また、 ビンディングにカバーを付けると、ほこりの付着を防ぎます
その他の荷物も、取りつけはしっかりとが当たり前
使用した、スキーやボード・荷物の雪はしっかりと
取り除いてください。ついた雪が飛んで後続車にあたることもあります
荷物の隙間にはいった雪も落としましょう
☆雪道のドライブについて☆

4WD車が雪道に強いと良く言われますが
基本的には2WD車と変わりません
やはり、運転者の心がけが一番です
直進はスピードを控えめにゆっくりとアクセルを吹かして安定させます。
わだちなどがある場合は、わだちに沿って走りましょう
無理に回避しようとするとスピンの原因になります
コーナーは手前でスピードを落とし、アクセルを心持吹かすようにし
ハンドルは追いハンドルにならないようにします
駆動を車輪に与えながらコーナーを回ります
ブレーキは禁物(もちろん危険回避の場合は別)
下り坂は、AT車なら2・1にMT車ならサード・セカンドギアーで
エンジンブレーキを利用しながら下ります。
停止の際は、ブレーキを少しずつ踏みます。一度に止めようとすると
スピンやスリップの原因になります。
ハンドルを切りながらブレーキを踏みますと、ハンドルを切った方向と
逆の方向に車は行きます
危険回避の際、ハンドルを切ってブレーキを踏むと車はかえって
危険のほうへ進むのです
これは、いざとなるとほとんどの人がわかっていてもやってしまいます
一度、広い場所で、体験してみると良いかもしれません
また、通称・逆ハンといわれる技術も習得しておくと良いかもしれません
後輪をスリップさせ、スリップの反対方向にハンドルを切ります
コーナーどのスリップや直進でのスリップのカバーになります
これも機会があれば、体験しておくとよいですよ
☆スタッドレスタイヤについて☆

今まで、チエーンを使ってきましたが、昨シーズンからスタッドレスタイヤに変えました
これは良いです
たまたま、同じ道を走る機会があり比べてみましたが
比較にならないほどでした
チエーンの脱着をしなくてもいいし、静かです
また、直線走行も安定しています。カーブなどでも路面のホールドがよく
安心して曲がれる感じがしました。特に、上りのカーブはタイヤ食いつきが良く 思ったライン取りが出来ます。
下り坂は、どんなタイヤやチエーンでも、危険ですので注意が必要なのは 当たり前です。
凍り付いる道路も比較的安定した走りが出来るようです。
宿泊した、ペンションの駐車場に止めるのもしっかりと出来ました。
これらを総合しますと、スタッドレスタイヤの威力は、安全・便利にあると
痛感しました。
一度お試しください。お勧めです。

●このコーナーに掲載されていることについては あくまで参考であり責任を追うものではありません
●今後も参考になるようなことがありましたら、項目を増やしてゆいきたいと思います




総合編へ

春編へ

戻る